さーしゃさんのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖仁 CONCERT TOUR 2013-14 @オーチャードホール

<<   作成日時 : 2013/12/18 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

"Guitarra Flamenca 〜Dialogo〜"

会場は、クリスマス風のデコも上品なBunkamura オーチャードホール。

画像



かつてJ-waveから聞こえてきた沖仁さんのギターの音色に魅了されてから、これが何回目になりましょうか。。。

こないだの日曜日に、行ってきました。
個人的にものすごい強行スケジュールの中向かったので(/ω\*)内心居眠りしちゃったらどうしようとか、ビクビクしてたんですけど。

いやー、もう盛りだくさん過ぎてお腹いっぱいってか、こんなにしてもらって良いんですかみたいな、もうむちゃくちゃエクスクルーシヴな夜となりました。
居眠りしてる余裕なかった(笑)。


最新アルバム『Dialogo [ディアロゴ] 〜音の対話』でコラボした、日本の。。。いや、世界でもトップクラスのアーティストがこれでもかと、いらしてくださいました。

画像



なんと、トータルの時間にして4時間!!!!!
17時開演が15〜20分?ほど押しましたが、「まぁ20時には終わってご飯的なアレだよねー」なんて言ってたのがもうね、見事なまでに計画崩壊しましたwwwww
しかしそれすら嬉し過ぎる誤算!!!!!



えーっと、内容盛りだくさん過ぎて全部書くと記事が収拾付かない気がするのでwセトリ風のものを箇条書きしつつ、感想チラホラ書いてみます。


まずはステージに大きなスクリーン、そこに次々と笑顔の写真が出ては消えていく演出からスタート。
BGMは当然、玉置さんとコラボした『屋根の上のSmile』でした。

そして沖さん登場!
会場から割れんばかりの拍手が溢れます。
ソロを1曲パフォームした後、いつものパーカッショニスト、ホセ・コロン氏が登場、そしてもう1曲。
いつもながら抜群の相性で繰り広げられる演奏にシビれました。

会場のテンションがいい感じに温まってきたところで、これまたいつものフラメンコギター講座開始。
フラメンコギターのラスゲアードやアルペジオと言った特徴的な奏法を、季節柄のクリスマスチューンに乗せて実に素敵に、かつ分かりやすく解説してくださいました。

って言っても、なんだかんだ指の動き早すぎて、理屈は分かったところで弾けないけどねッ!



さてここから、スペシャルゲストの嵐となりました。。。
当初の予定では、木村大(Classical Guitar)、coba(Accordion)、渡辺香津美(Guitar)、上妻宏光(津軽三味線)、野崎良太(Jazztronik) and more!!!!!的な感じだったんですよ。
これだけでも既にものすごいスペシャル感全開なのにね?さらにこの『and more』が多すぎたとwww


では、全部網羅できてないとは思いますが、セトリ風感想行きます(笑)。
(☆の方は、and more!!!!!な方ですw)


cobaさん

ピアソラの名曲、個人的にも好きなリベル・タンゴ、
cobaさんのソロ(サロメだったかな)、
沖さんのCDでコラボした「ダンサ〜君となら〜」。

もう、すごいとしか言い様のない素晴らしい演奏でした。
アコーディオン、ヤバ過ぎる。
cobaさん曰く、1回のコンサートで「フツーに2.5〜3kgくらい落ちるよ〜、だからダイエットするならアコーディオンやってください」って。。。それも納得するほどです。
とてもとても、一人で弾いてるなんて思えない。
すごかった。

上妻宏光さん

パフォームは上妻さんのアルバムに収録されてる「La Noche de Segovia(セゴビアの夜)」、
そして沖さんのアルバムから「卯月花嵐」。

津軽三味線、サイコーでした(*´Д`)ハァハァ
やっぱり日本人だからかな?すごーーーーーーーーくじわじわ染みる感じと言うか。
安定感がハンパなかったです。

木村大さん

StingのFragile(だったと思う)、
沖さんのアルバムから「四季「夏」第3楽章 プレスト(夏の嵐)」。

この。。。ヴィヴァルディの四季ですけどね。
よくやろうと思ったねって言う。。。( ゚д゚)ポカーン
オーケストラだって大変な楽章だと思うんですけど、まぁ見事に演りきってくれちゃってました。
圧巻。


ここで前半終了、15分の休憩を挟みました。
そしてあっという間に第2部スタート。

したんですが。
もう。。。すみませんこの辺から何やったとかどうでも良くなってきちゃって。。。
具体的な曲名とか覚えてないんでsΣ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ
このあともスペシャルゲスト目白押しで、ほんとすごいとしか。。。!

とりま誰が出てきたかとゆーと、



野崎良太さん

押尾コータローさん ☆

渡辺香津美

玉置浩二さん ☆


てか、来て欲しいとは思ってたけどまさかの!!!玉置御大!!!!!
出てきました。
そして名曲「ワインレッドの心」を即興アレンジで歌い上げ、沖さんのアルバムから「屋根の上のSmile」を。

最後はゲスト全員出てきてなんかもう壮観と言うかなんと言うか。


アンコールでは、ゲスト以外のバンドメンバーと一緒に1曲。
そして最後の最後はやはり「Super Moon」で締めてくださいました。
客席に降りてきて、歩きながら弾いたりとかしてくださって!!!
もうなんなんだあの指は!!!

( ゚д゚)ハッ!。。。なんだただの神か┐(´∀`)┌ ←


会場のお客さんも、私含めお祭り騒ぎになってました。
素晴らしい時間でした。
幸せだった。



玉置さんがどう見ても一杯やっつけてから出てきちゃったよね的な雰囲気だったのは、ここだけの話ですがwwwwwそれでもあの歌唱力。。。
むちゃくちゃカッコ良かったです。

一時期メディアに色々取り沙汰されてた時とか、つい偏見もほんのり持ってた自分ですが、猛省しました。


百聞は一聴に如かず!!!


ですね。
リアルカリスマを見た気がします。





ゲストパフォーマーの皆さんが、言葉を揃えて言っていた「沖さんの人間的な魅力」と言う言葉。

そして沖さんご本人が、「かつて渋谷で、路上演奏してた時は『聞いてくれ!立ち止まってくれ!』と、思っていたのが、今こうして、『聴きに来てくれている』のを考えたら、すごく感慨深くなった」と言う言葉が、この日ものすごく心にぎゅ〜〜〜〜〜っと迫りました。



沖さんの音楽に出逢えた幸せに、感謝したいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


沖仁 CONCERT TOUR 2013-14 @オーチャードホール さーしゃさんのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる